赤麻染め

日々・制作, 野草

comments (0)

今年も赤麻で染めました。

62ECF833-CEC7-49C8-A563-E482A3A512D0

今年は家の近くの散歩道にたくさん生えてるのを見つけました!
いつ染めようか、と思っているうちに
いつもよりすこし遅い時期になってしまいました。
勢いあるピークを過ぎ、晩年な雰囲気。

煮出すと濃いしっかりした染液がとれましたが
染めてみると例年より茶味がかった感じになりました。

2AF47F06-0699-4AC1-9E30-553D8E1BEBBC

72599716-2A31-4DC0-B26E-0AC0EC8FB229

9D62CD94-6F8B-4B9A-AA77-E09A63C3CC3C

左2かせが去年、一昨年の分。
右3かせが今年染めた色です。
A080AE6D-E42A-4B9D-A4F8-4246021509F1

草にも若々しい時期、旺盛な時期、晩年と
草の一生の中でそれぞれの時期の色を見せてくれるようです。
今年染めた色も大事に使いたいと思います。

9B52EB51-1718-42FD-AE79-D817C73E5894
毎日、暑いですね。
織りの仕事部屋にクーラーをつけました。
涼しいと、こまかい作業も集中できます。

覚えたての野草うどんを作りました。
ツユクサのうどんと、夏野菜とツユクサ、カラムシの天ぷら、
カラムシの磯部和え。
3ECF6485-8DC5-479E-BD2C-7F7898413329

D63583B1-9E37-4F13-A6ED-4D71F4EC88EE

野草を食べてると力が湧いていくる気がします。
(夫にそれを言うと、思い込みタイプと言われます。笑)

野草うどん

野草

comments (0)

久しぶりに野草料理教室へ行ってきました。

まずは、外へ出て、先生の説明を聞きながら野草摘み。
イノコヅチ、ツユクサ、カラムシ、オオバコ、笹などを採集。

イノコヅチ
95C0FCF7-06E9-4388-9DCC-F6A011AB5295

今回のメニューはカラムシとツユクサの手打ちうどん、
ツユクサのおひたし、
ツユクサとイノコヅチ、オオバコの天ぷら、
玄米ごはんまん、笹茶。

9C55DFBE-34E6-4376-8C6D-179C2826A428

 

 

FAB0E4B2-6C6E-42BB-943A-F9A34E611DAB
緑がきれいな野草うどん♪

94889A69-C72E-4A7B-8C41-414B920ECFD9
天ぷらうどんには、しょうがと梅干を混ぜた大根おろしを添えます。
A312CE96-FB5B-481A-9572-17DAA662EA61

ごはんまんは、炊いた玄米ごはんに、ひじきや炒めた人参、豆腐をまぜて
オオバコにのせて蒸したものです。これが本当においしい!!!

99F51796-E28A-4860-8FA3-DE167C5952A7

午前9:45から始まった料理教室、
みんなで手分けしながら作って、
お昼ごはんにありつけたのは、午後3時。

下ごしらえに、ひと手間もふた手間も惜しみなくかけて
仕上げてゆく料理。

本当に滋味深く、心の底からおいしいと思える味でした。

野草の先生は変わらずに、
大切なことを伝え続けてくださっていて、
深い学びの時間となりました。

大切に思っていたいことに目を向ける時間でもありました。
また近いうちに、家のまわりの野草を摘んで作ってみたいと思います。

途中、笹で手を切ってしまう方がいましたが
よもぎのお手当をすると、しばらくするうちに
止血して、痛みもなくなったようです。

よもぎのお手当は、生のよもぎの葉1.2枚の少量を洗わずに
噛んで唾液となじませ、そのよもぎを患部に貼っておきます。
擦り傷や蚊にさされ、思っている以上によく効きます。
子供の擦り傷には、母の唾液となじませたよもぎが良く効くとのことです。

その昔、パン屋さんでアルバイトしていた頃、
誤ってパンのスライサーで手を切ってしまい、
1度目は病院で処置してもらい縫いましたが
2度目に切ってしまった時は野草のことを学んでいましたので、野草の先生に聞きながら
このよもぎのお手当で治すことができました。
どこにでも生えているよもぎ、お薬にもなり、
染めにもつかえて、本当に万能なすばらしい野草だと思います。

 

染めしごと、畑しごと

日々・制作, 野草

comments (0)

暑いですが、しばらくは染めしごとが続きます。。。

すももの枝染め。
引っ越し前にお隣さんからいただいたものですが
時々、天日干ししながら保存しておきました。

太い枝をのこぎりでなるべく切って
時間をかけて煮出して染液をとりました。

8043BC07-BEDD-4FCC-BD45-60C0ED900C66

0C5D7909-93B0-44F3-902A-C0C3391AC7B2
秋色にさっそく使いたいようなきれいな色が染まりました!

茜染め、第一弾。
今シーズン、あと何回か染めると思います。
3774E159-0DC2-4742-B856-3B490ABC542D

 

 

大豆は夏至の前に蒔くと身体ばかり大きくなって
実が大きくならないということで
夏至を過ぎてから、大豆の種蒔き。
すぐに芽が出た子と、すこし経ってから芽が出た子がいました。
7D58EC9F-1E7B-4765-B7E5-0E49E4360328

 

 

 
160D065A-DAEF-4B3B-8033-74DA35371928

 

ようやく整備しつつある畑に大豆を移植しました!
かるく草刈りだけして、藍やコブナ草を植えたところと
畝をつくったところと、草むらも残しました。

露草が美しい季節。
68E122CA-527B-45E3-9EB2-A0336EE73278

草をきれいに刈り、1畝たてるだけでも
かなりの重労働で、
もう1畝は夫にも手伝ってもらいました。

はじめての畑づくり。
すこしづつ、楽しみつつ、すすめていきたいと思います。

水草染め

日々・制作, 野草

comments (0)

以前、染めていた琵琶湖の水草で染めた麻糸ですが
ようやく織り上げました。

92917B75-57CB-4253-BB5E-C8FBD298C499
なんともやわらかでしずかな色です。

55307337-F6DA-4528-8975-FAC98D160508

ティーマットやコースターに仕上げました。
7F5C72F6-9133-4D91-AE1E-25AE6CE0CAD2

さっそくglass imecaさんの琵琶湖彩(びわこいろ)の一輪挿しやコップと
合わせてみました。
(glass imecaさんは、水草を灰にしてガラスにとけ込ませた作品を制作しています。)

琵琶湖の雫のようなとろんとした美しいガラス、
水草染めの手織りの布にすっとなじんでくれました。

6月にはglass imecaさんが企画、お誘いいただきまして
近鉄草津で、水草つながりの展示会に出展させていただきます。
他には、陶芸やお花関係の方もご一緒に。
先日、打ち合わせに行ってきましたが
とても楽しい展示となりそうです。
どうぞお楽しみに♪

6/22~28 近鉄草津店2階プラグスマーケット

ヒナタノオトさんのオンラインストアの方にも
出品中です!
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。→

9B34A232-1518-4AE5-BAF9-29E24C4B0D90

ハコベ

日々・制作, 野草

comments (0)

春の野草料理でおひたし、スープ、混ぜごはん、ナゲットなど
いろいろにいただいてきたハコベ。
今年は群生している場所を見つけて
たくさん摘んできて染めてみました。
はじめて染める色はわくわくします♪

27751BAE-916B-4C3A-97ED-53857F4158A2

63216C32-54F1-46A6-948E-BA09D4C76F99
もしかしたらあまり染まらないかもな、
染まったとしたらあんな色かな、と
いろいろ巡らせていました。
確かに染まりつきはあまりいいとは言えないものの、
ミョウバン媒染で儚くやさしいピンク味のベージュが染まりました。
干しておくとまた色がでてくるようなうつろいのある色。
とてもかわいらしい色だなと思いました。
ECE5C68A-3092-4F64-8191-CCBC0D9443A9

ようやく織り上がり。
構想から制作まで、ずいぶん時間がかかってしまいましたが
満足のいく出来上がり。
またあらためて紹介します。
5110BB56-7BEE-450A-9917-0FA7E078804A

朝の光。
あともうすこし、春の色を楽しんでいたい。
AFD12143-0AA0-476C-9312-DD225A5446F4

1 2 3 4