待宵草

日々・制作, 野草

comments (0)

草木染め教室に通ってた頃に

はじめて染めたのが待宵草。

鉄媒染で染め上がった紫みがかったうつくしい茶色に感動しました。

毎年この草を見る度にその時のことを思い出します。

秋の展示シーズンに向けて織りが忙しくなるこの季節、

染めそびれてしまう年もありますが、

今年は間に合いました!

染めれてよかったです。この色が大好きです。

99816D78-17D7-4860-B87D-3EDEF49600F5

52394F1E-6457-424C-B10C-C09E135965C3

仕立て上がり。ティーマット。

EB853A78-EC55-4664-97F8-82CECBD2DE4D

秋色のランチョンマット。

濃グレーは、柿渋+栗のいが。オレンジは、玉ねぎの皮。

67034EC2-3863-43FC-9EF5-839364BA3436

知り合いから、nice  things見たよ〜と声をかけてもらい、

お恥ずかしながらではありますがうれしいです。

見てくださった方がいらっしゃいましたら

ありがとうございます。

「nice things」に掲載いただきました!

メディア掲載, 日々・制作

comments (0)

今日発売の雑誌「nice  things」10月号に掲載していただきました!

取材の日は梅雨真っ只中で雷マークがついていたにも関わらず、

当日はきれいな青空が広がりました。

(取材が終わった夕方から予報通りのザァザァ降りでした。)

玄関先のお花が朝まで蕾だったのに

直前にぽっと一輪だけ花ひらいてくれました。

そんな恵まれた日でした。

1日かけて、草摘み、染め作業、織り作業などを

見てもらい、丁寧に取材していただきました。

素敵な記事にしてもらえて

心から感謝しております。

ありがとうございました。

大きな励みにしてこれからも頑張ります。

もうひとつ嬉しいことには、

大学が同期で友人の金工の大桃沙織さんの針刺も

掲載されています!

本屋さんなどで見ていただけましたら嬉しいです。

6FBF34EE-D5A0-4587-AF4B-72C0B8B0FFCC

B77E4FAC-6AF1-4C57-B343-E482EFBCD5D0

お盆休み

日々・制作

comments (0)

お盆休みは実家で過ごしてきました。

魚沼の方へ出かけたら、ひまわり畑やすいか畑が広がっているのを見れたり、

海へ行ったり、かけ足でしたが

夏らしさを感じるお出かけができて楽しかったです。

5659AF42-E231-429B-AED6-0266ABC3D1B2

 

寺泊の海。足もとの砂や波の感触が気持ち良い。

B4E92E69-7E67-4A2B-998B-B8BE38AF860A

057452D9-7684-41CD-9D81-8C4D2FEE8293

200E78EE-9CD3-4B16-9C1B-102295DEFA54

 

実家の庭。

95812BB6-0359-43A5-855D-8D4641402678

ハイビスカスが元気でした。真冬には、家の中に鉢を移動し、あたたかな部屋できれいに咲いてくれます。

57649D7C-6E7E-4B84-8ED2-56E4CA23B8D3

次の展示です。

*10/9〜10/15  三人展「秋の楽しみ」 阪急うめだ本店

秋に向けて制作に励みます。

織り出し

日々・制作

comments (0)

織り出しました。

F76BEB81-6179-4B53-A966-1C06B8C7613B

いつになくシックな色合い。

だいたいの色合いは決めてましたが

心にとめて織りはじめれるような言葉を探して

本をぱらぱらめくっていて気になった言葉。

「しずかにかがやく」

ひかえめで深みのあるグレー。

色のもつチカラを活かせるように

織り上げられたらと思います。

 

 

夏野菜の季節到来。

いただきものの茄子と豆腐で味噌汁。お昼ごはん。

B4C553B0-EB90-4376-B0AC-B5D6D6721DE8

 

赤麻の染め

日々・制作

comments (0)

赤麻(あかそ)の季節になりました。

今年は何ヶ所か赤麻の生えてる場所を

見つけました。

でも川辺の石垣だったり、

なかなか収穫しにくい場所が多く…

昨年と同じ田んぼの横の比較的採りやすい場所で収穫してきて、染めました。

2C4A1839-898E-4C5F-AD03-395528522943

紅葉したもみじの葉のような

きれいな渋い赤が染まりました。

絹糸の赤麻染めと収穫したよもぎ。

6899DB94-6406-4B57-BC68-CE2CC5E1D724

ついでに摘んだ野の花。

3F1CD828-8930-4A5E-80EF-8DF9CDDE115E

 

綿・麻。

C6FE224C-C657-4A81-86E3-05D3D9E34BBE

 

次の経糸は絹。

82B567FE-7094-43EF-8B51-A157C3D960BB

1 2 3 4 5 6 30