オンラインストア始めました!

おすすめ, 展覧会, 日々・制作

comments (0)

主にストールを制作していますが
展示では少しだけ小物も並べています。
身近に使ってもらいやすいような小さな敷き物や小物も
少しづつ作って自由に並べて楽しめる場があったらいいなぁと
思い立ちまして、オンラインストアを始めました。
ひとまず、1月末位までオープンの予定です。
小物類中心にアップする予定ですので
ぜひウィンドウショッピングをお楽しみください^^
というのには、まだ数が少ないですが。。。

https://satoaki.base.shop/

また追加しましたら、こちらでもお知らせします。

F65B0E6F-B345-4BDF-A525-50D5D0696745

44E109BF-4ACE-4F87-87EB-FC8654C24EAF
最近の制作より。
EAB75927-D285-4A84-A94C-8D100205CFDA

F3E1E761-3113-4C80-A0DA-76B6C67F566E

四十八茶百鼠

日々・制作

comments (0)

背高泡立草を染めると
燻し銀のような深みのあるグレーが染まりました。
となりのやさしいブルーはコチニ―ルの染め。
511A731F-C87F-4A11-85DF-F957D8122D7F

草木染めを始めたばかりの頃、
染めの先生が、何かの話しの流れで、
グレーや茶色を染めるのがとても楽しい!色がきらきらしてるの、
と言われてたのを時々思い出します。
当時の私は色のもつきらきらさまでは感じることができなく
先生の色を見る目の洗練さに、すごいなぁと感じたことを覚えています。

鮮やかなのに肌なじみのいいぱっとした元気な色もきれいだけど、
グレー、茶、のような渋めの色の中に何層も重なりあう色を感じれる色、
味わい深い色もまた美しいです。

グレー、茶のような言葉には一括りにはできない微妙さが色にはありますね。
銀鼠、藤鼠、海松茶、臙脂茶、金茶、唐茶、、、、
昔からある日本の色の呼び名も風情があって美しいです。
色の繊細さを身近な自然と照らし合わせて言葉で表現してしまう
昔の日本人の感性の豊かさ、語彙の豊かさに尊敬してしまいます。
色はただ色がそこに存在するだけ、
その色を美しいと思うのはその人の心だなぁと思います。

タイトルに四十八茶百鼠としたものの
なんだかまとまりもつかない文章となりました、、、
これから出会ってゆく多種多様な草木の色が楽しみなのと
少しずつ染めためてゆく四十八茶百鼠のような繊細な色を並べて
お見せできることができたら楽しいな、楽しみってことが
言いたかったように思います。笑

931CB8EF-F667-436A-B260-1EA786AD73E9
すすきの散歩道。

明日は灯しびとの集い!

展覧会, 日々・制作

comments (0)

準備がおわらず、

ばたばたです…

明日は早朝5時出発です。

 

皆さまにお会いできることを

楽しみにしております!

お待ちしています。

 

「灯しびとの集い」
11月10日(土)11日(日)
10:00~16:00
大阪府堺市 大仙公園
JR阪和線百舌鳥駅から徒歩5分

 

シルク・ウールのマフラー、仕上がりました!

157990E6-A21E-4FE0-9496-5FE47FC07458

09C079E7-8F87-4859-A709-3FB08C71EC7C

C06A61FE-E30C-4E5C-9F26-27A72063F98D

 

こちらは、シルク・コットン。

481A343D-74B4-4FEA-BDBB-B5601D1D1874

冬の赤

日々・制作

comments (0)

寒くなってきたので、

夜なべ仕事は、ストーブや湯たんぽで

ぬくぬく。

ストーブの上に置いて

やかんで沸かしたお湯はまるみがあって

おなかがじんわりとあたたまる。

そのお湯でドリップしたコーヒーは

至福の味。冬の楽しみ。

053E8350-26C9-479A-B1B6-0D90D6C5D41C

茜で染めた赤。

ほっくりとあたたかな冬の赤。

87DB98CA-57F9-4421-9E33-7BED2D0287F3

いよいよ来週末は灯しびとの集いに

出展です!

良いお天気になりますように!

「灯しびとの集い」→

・11月10・11日

・大阪府堺市大仙公園

 

 

日日是好日

日々・制作, 未分類

comments (0)

夕暮れに散歩。
夕陽と秋色のかさなる時間にみた
きれいで、はかない色。
19786739-6FAC-45EF-BE9D-3955E97D2D59

9D7F6933-93A4-4EC0-B692-CC0A90F1822E

51B87F5A-0E72-4D8E-A4A8-D8CD1792A3A4

FBA6DB41-0480-4016-8292-7FC7DB7E3546
一息ついたら見に行こうと思って楽しみにしてた映画「日日是好日」。
週末に見てきました。
思いをたくさん巡らし、心にじんわりきました。
一言では言えませんが、一部、メモとして。(個人的に思ったことで直接的な感想ではないのですが)
人の美しさ。生きてきた時間や経験(いいこともわるいことも)、考えたこと、
そんな人生のいろどりがその人のいのちをかがやかせ、美しくさせるのでは
と思いました。
余白の大切さ。余白があるからこそ、きわだつものがあること、
みえてくるものがあること。その気づきが尊いこと。
すぐにわからないものの中に、本当があること。すぐにわからなくてもいい。
一日一日の時間、季節のうつろい、感じることに五感を澄ませ心を澄ませ、
めいっぱい味わってみたいと思わせてもらえる映画でした。

ようやく気持ちが次へと向かえました。
心がうごくことがあるっていうのは、制作の上で
かかせないなとあらためて思いました。

日日是好日公式サイト

1 2 3 4 5 26