染めつつ、織りつつ

日々・制作

comments (0)

玉ねぎの皮染め。

8AFFE657-BE5E-43C1-ACEC-323D24B3D882

綿糸と右端がリネン。
32251518-2200-4E4F-9BB0-63EC11AED856
茜染め。
綿糸と右端がリネン。
84982EA6-0AF5-4FD8-BBCD-311E37628F42

織りと並行して8月から続けていた染め作業もひと段落して
またしばらくは織り作業に集中します。
綿や麻の糸は下地染めのひと手間がいるため、
織りに入れるまでに長く時間がかかります。

精練(洗い)→乾燥、豆汁下地→乾燥、染め→乾燥、経糸糊付け→乾燥。

特に今年は雨の日が多く、ただでさえ乾燥しづらい綿糸が
なかなか乾いてくれず、雨が続くと洗濯物と糸で
部屋の中がいっぱいになってしまったことも。
その分、お天気の日は糸が外に干せて気持ちよく乾き、
おひさまの有難みをしみじみ感じたのでした。
じっくり染めた糸、どれも良い色が染まったと思います。(手前味噌ですが。)

1階の染め場(台所)と2階の織の部屋を
行ったり来たりする日も多く、ある意味良い運動にもなりました。
夜は疲れ果てて、ぐっすり眠れました。

織りしごとの方はこちらが織上がり。
B6CF23BD-268D-42BE-BF1A-2BA08F2B66D8

9月中のヒナタノオトさんへの納品に向けて
もうひと頑張りです。
オンラインストアの予定は決まりましたら
またお知らせさせてもらいます。

手作りおやつでひと休み。
青紅葉染めのマットのグレーと器のブルー、
苺パウンドケーキの色の組み合わせ、なかなか良いのでは♪
と思いながらいただきました。
4F0BD28D-7B9B-4A94-91BE-965AE4C961BB

47187BAA-B1CB-465F-AE05-E002CF89018A

実は、パウンドケーキは初めて作りました。
手作りもなかなかおいしいものですね。
ハンドミキサーがほしくなりました♪

栗のイガ染め

日々・制作

comments (0)

今年はまだ栗が落ちてこないので
昨年拾って乾燥させたもので染めました。

0ABD6745-6C01-4780-BDCB-AFC29334D10F

写真ではグレーに見えますが
実際にはもうすこし茶味がかったこっくりとした色。
なんとも秋らしい。。。

D72F6A23-3A9F-4CC2-9645-6118D4AF4415

今年も栗の木の実がたわわです。
栗ごはんするのが楽しみ♪

A9A0264E-C24E-4F1D-A54A-A3EA7688B107

今日の窓からの眺め。
曇りからしとしと雨へ。
外が静かに感じます。

FCEA79FB-DAB3-41D5-9B66-186270594C75

次の経糸。整経後の大管。
織機に糸をかけ終わったところです。
イタドリで染めたやさしいベージュがメインの色合い。
思い描く情景を頭の中で宙に浮かせて
織りはじめです。

今年の藍の生葉染め

日々・制作

comments (0)

今年も無事に藍が育ってくれて
染めることができました。

昨年まではジョーロで地道に水やりしていましたが
長いホースとシャワーを購入し
ずいぶん水やりが楽になりました♪
と言っても8月は雨続きだったので
毎日見守るのみでしたが…

8F005A06-3CA3-4884-B7F6-E87FA49571B3

今年は8月の初めと終わり、
2回に分けて染めました。
1回刈りとった後も、すくすく育ってくれます。

あれやこれやの忙しさもひとまず横に置いておいて
よく晴れた気持ちの良い夏の一日、染めの時間を満喫しました♪

4594ABAD-6685-4F34-A8D7-C30070FE2C5A

5FCC6135-F209-45C5-BFDB-15268BFF9A6C

9C8158D5-478B-44A3-8CA3-AD59DC204580

DAF69533-BE62-4BA7-94BE-D480C5E4C5B0
黄色はコブナ草の染め。
緑はコブナ草と藍生葉の重ね染め。
あともう一回染められたらと思いますが
もう花が咲いてしまうかな。

織りしごとの方は
秋色が織り上がり。
4F7A18D7-5279-47FA-8931-2EBF7FCCBC70

はじめてのコブナ草

日々・制作

comments (0)

2EAF143C-79D3-411A-83DC-ECE53B2D9F7F

今年は種をいただきまして、
初めて小鮒草(コブナグサ)を育てて、
染めてみることができました。
7月の終わりにはようやくすくすく育ってきたのに
ネットの隙間から侵入した動物に食べられてしまい
とてもショックでした。
(同じネット内の藍、シソ、バジルは大丈夫でしたが
ネギとコブナ草が荒れらされていました。)

そのままにしておくと、また復活して元気に育ってくれました。
もともとは野原に自生している強い草とのことで
野草の生命力の強さを感じます。

さわやかな黄色が染まりました!

41B19FFC-270A-4AA5-B9C4-BC69D6DD6DCD

A5CAD365-FC90-488E-AED8-780F4B42EB07

A7B789E8-6933-4B0D-8470-6907106EAE1E

藍の生葉と重ね染めにして
緑色も染めました。
7F3A416C-A4AC-4BF5-9544-4E3EE901C799