次回の展示

日々・制作

comments (0)

くもりがちの涼しい一日。
紫陽花があおあおと葉っぱを茂らせ、白緑色のつぼみのぷつぷつがかわいい。
梅雨が近づいてきたなぁ。

次の展示は、8月後半辺りに東京であります。
夏まっさかり、太陽がさんさんな頃でしょうか。
目にこころにやさしい布を織りたいなと思います。

今日の昼下がりの作業。
機にかける準備中。
経糸の染め色は、さるすべりの枝、樫の木、楓の枝・葉。(我が家の庭木シリーズ!)

002

感覚をとぎすます

日々・制作

comments (0)

最近、いくつかのことが重なって、
新たに考え始めたことがあったりで、
そのことについて、書きたいなと思ってましたが、
そもそも文章は苦手。
ちょっとづつ書いてみます。

先日、展示でご一緒した金属アクセサリー作家さんが
作品の一部に草木染めした糸をつかっていて、
作品にしっくりなじんでいて、とっても素敵でした。
それで、染めや制作のことなどいろいろお話しました。

そのお話の中で、はっとさせられたことは、
その作家さんは、何でも自分の感覚をたよりにまずはやってみるそうです。
草木染めも材料を煮出したり、糸を染液に浸したり、まずは思うように
やってみたそうです。
その柔軟さ、感覚を研ぎ澄ますことって、
手を動かしものをつくることに
とても大事なことだなって思いました。
ものづくりの原点をおしえてもらった。。。
なんだかそんな気持ちになってしまいました。

私は、まだ工房で働いていた頃、仕事では化学染料で糸を染めていましたが、
その傍らで、草木染め教室に何回か通って教えてもらいました。
ものごとを頭で考えてばかりだったせいか、
草木染めになかなか馴染めなかったなって、思います。

草木染めを始めた頃は、いろんな技法書を読み比べて
どうすれば良い色が染まるんだろう、
どういう染め方がベストなんだろうって、
頭の中は疑問だらけで、自分の外側に答えばかり求めてました。

草木染めがそういうものではないって、ようやく気付けたのは、
始めてからだいぶ経ってからです。

草木を煮出すことも、染めることも、
どうみてどう判断するか、何もかもが自分次第のように思います。
むしろ、染め方よりも、気持ちや心構えが大事にも思えます。
母親が家族のために作る、家庭の味みたいなものに近いような。。。
もっともっと、草木のエネルギーを感じながら
自分の感覚をフル活用して、気持ち込めて楽しんで
染めていきたいと思います。

最初と終わりで、文章まとまってないような気もしますが。。。
最近の気づきがまだまだあるので、
またの機会に。

楓の染め色。やさしい黄色ベージュ。
041

 

 

Silent Villege

おすすめ

comments (2)

楽しみにしていた写真家・辻中育子さんの展覧会「Silent Village」に
行って来ました。
辻中さんが家族で8年間過ごした里山での
風景とともにそこで暮らす人の写真展。

一枚一枚、ゆっくり楽しみました。

里山ののどかな風景、そこで暮らす人の日常とゆたかな笑顔、
辻中さんの過ごした時間、、、、
じんわりとあたたかな気持ちになる写真展でした。

会期もあとわずかですが、
下賀茂神社の近くGalleryDOTにて、
5月21日(水)までです。
GalleryDOT→

辻中さんとは、以前住まいがお隣同志で、
それ以来親しくしてもらってます。
そうです、私も修業時代に住んだ里山です。。。
当時のことを振り返ると、話は尽きません。。。

 

下賀茂神社の糺の森も
散歩してきました。
想いを巡らす充実の一日。
003

001

 

片づけの魔法

おすすめ

comments (2)

先日、友人におすすめされた本がとっても良かったです!!

「人生がときめく片づけの魔法」
近藤麻理恵著

展示が一段落したら、部屋片付けなきゃなーってちょうど思ってたんです。
この本読んだらやる気になって、数日かけて片づけ祭り(こんまりさん用語)を
実践しました。
この本、ほんとにすごいです!!
よくあるややこしい収納術とかそんなものではなく、
考え方・視点も変えて、シンプルにわかりやすく片づけ法が
書かれてあります。
整理整頓・片づけが苦手の私でさえも、
部屋がすっきりできました!頭の中もすっきりです!
片づけのポイントや、何で散らかるのかも納得でした。

なんだかいつも、あれもこれもやらなきゃ、
あれもこれもやろうと思ってるのに、全然すすまない。。。
そんなことで頭の中がいっぱいになりがちなのですが、
今回おもいきって、片づけにどっぷり向き合って
良かったです。

ときめかないものは、いろいろ捨てたのですが(こんまり流に!)、
学生の時からなんとなく集めて溜まってた、
書類や資料、その時々で気になった展覧会等のDMやチラシ、
ほぼ全部捨てれました。
過去にはとどまらない、もう自分には必要ないって
思えたことがちょっとうれしかったです。
過去のものに占領されて暮らすよりも、今を気持ちよく生きることって、
大事だなって思いました。
今、本当に大切なものは大事にして、すっきりした空間に
新しい風をどんどん吹きこませたい、そんな気分です。

片づけ熱が冷めないうちにと、パソコンの写真も整理して
作品の写真をギャラリーページに追加しました!
どうぞどうぞ見てください〰^^

うちは、テレビが無いので知らなかったんですけど、
こんまりさん、結構テレビにも出てるらしいですね。
片づけたいけど、どうもうまくいかない、
どこからどうしていいやらって悩んでる方はもちろん、
頭の中を整理したい方にも、
この本をまずは読んでみることを、おすすめします!!
(片づけのこと、もっともっと書きたいけど、
長くなるので、このへんで〰)

003

先日の旅から帰ってきてから蒔いた藍の種、
芽が出ました。すくすく育ってね∼

二人展終了しました

展覧会

comments (0)

茨城県水戸市の桃花堂さんでの横山正美さんとの二人展、
先週末で終了しました。

ご来店いただきました皆さま、
本当にありがとうございました。

これからも、地道に制作を続けていきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

088

099

 

在店日には、柿渋の横山さんにちなんで、
桃花堂さんの開店の時にオーダーでおつくりして使用していたという、
柿渋暖簾を下げてもらっていました。
(今は、代変わりで他のものを下げているそうです。)
時間を経た柿渋ならではの、何とも言えない深い色と素材感、
とても素敵な暖簾でした。

余談ですが、桃花堂さんは、創業32年と言うことで、
私と約同い年でした。私、33歳。
(柿渋色を見習って、年を重ねるごとに、味のある人間に変化していけたら。。。)

在店日、ご一緒した横山さんとは、
昨年の松本クラフトフェア出展でお会いしたぶりでした。
制作のこと、日常のこと、
積もる話をいろいろ話せて、本当に楽しく充実な時間でした。
制作に展示に真摯に取り組まれてる横山さんに、たくさんの刺激や元気を
もらいました!

横山さんとは、2年前の工房からの風出展で、知り合いました。
展示を通して、また再会できることは、とってもうれしく
大きな楽しみです。
制作を頑張ることで、またどこかの展示でお会いできますように。。。

 

 

 

1 52 53 54 55 56 57 58 60