おすすめ展覧会

おすすめ

comments (0)

9月に入り、展覧会シーズンですね!!
私も見にいきたい展覧会ちらほら。

友人から届いたDMから、おすすめの展覧会をご紹介!!

IMG_0001
オトメノイノリ
2014年9月11日(木)―9月29日(月)
赤堀友美 大桃沙織 竹中悠記 petitricot
セレクトショップ京

 

 

IMG

Time is music ―時の音―
2014年9月18日―9月30日
JOIE INFINIE DESIGN 大護慎太郎 個展
okeba gallery & shop

 

 

お近くにお住まいの方、ぜひぜひ足をお運びくださいねー^^

しぼり染め

日々・制作

comments (0)

今年は秋になるのが早いって、よくききますね。
去年やその前の年の残暑のきびしさに比べれば、確かにましかもー。
夜は、虫の音色がここちいいこの頃です。

10月の展示に向けて、準備すすめてます。

展示の関連イベントで、
草木染めワークショップをすることになりました。
私にワークショップなんて、ゼッタイにムリ!って
思ってましたが、まわりの方に背中をおしてもらい、
今回初めてやってみることになりました。おもいきって。。。
時には、思い込みの殻から出てみることが必要ですねー。

枇杷の葉を染めたいというのがあって、素材との相性など
いろいろ試し染めしてみました。
ハンカチ、手ぬぐい、今治オーガニックコットンハンカチ、
コットンガーゼマフラー、シルク手袋。
005

026

輪ゴムで括って、絞り染めしたのですが、
染め上がって、出てきたまるや線が、なんともおおらか!
子どもの落書きのようですね。

輪ゴムで布を括るわくわく感!
布を染液に浸すわくわく感!
輪ゴムをほどいて柄が出てくるわくわく感!
なんだか、思ってた以上に楽しくって、
手を動かし創作することって、こんなにもおもしろいのかぁって
新鮮な気持ちになりました。染めも制作もいつもやってることなのに(笑)
この楽しさ、共有できたらうれしいなって思いました。

もう少ししたら、展示についてやワークショップの詳細、
お知らせできると思います。

ついでに、染めの残液で
冷えとりソックスの絹も染めました!
(綿は、下処理が必要なので、今回はすぐ染められる絹だけ。)
007
やさしいサーモンピンク。気にいってます^^

調べてみました↓

「枇杷の葉の豆知識」
排毒、免疫系の強化。
日本の暖地に広く自生または栽培される常緑樹で、葉の煎じ汁を清涼健胃薬とし、
暑気払いに用いられました。
また、浴湯剤としても用いられ、皮膚をなめらかにし、汗泡によいとされました。
ビワは葉・樹皮・種を薬用とし、古来より民間療法の妙薬として用いられています。
有効成分のアミグダリンはビタミンB17になり、腹痛・腰痛・リウマチ・内蔵の痛み一切に、
火傷・皮膚病一切に、喘息・気管支炎・アレルギーなど、万病に効く木です。

枇杷の葉の薬効成分はすごいですね!
肌に身につけるもの、あれもこれも染めたくなります!
枇杷の葉で染めたハンカチや手ぬぐいで、
汗をふくのも良さそうですね。

ありがとうございました

展覧会

comments (0)

先日、日本橋三越での「工房からの風から50人の手仕事展」、
後期も終了しました。

前期後期通して、多くの方に足をお運びいただき
盛況だったとのこと、
本当にありがとうございました!

三越展のブログの、最後の「感謝の風」、
よろしければぜひお読みください→☆

工房からの風は、
作り手の背中をおしてもらえる風だったり、
あたたかな気持に包まれた風だったり、
人と人をつなげてくれる風だったり、、、

三越展に出展でき、改めて工房からの風の深みを
感じました。
今年の工房からの風についても、
ぜひチェックよろしくお願いいたします→

 

三越展が終わり、夏も終わりか。。。
そんな気持ちになりますが、
気持ち切りかえ、秋へ向かいます。

秋の展示は、10月末に京都にてグループ展をします。
ここのところ、企画展参加がほとんどだったのですが
この秋は、一緒に展示する皆さんやギャラリーさんと企画から練っております。
展示とともに、楽しいイベントも考えてます!
どうぞお楽しみに!!!

 

 

前期、終了しました

展覧会

comments (0)

日本橋三越にて開催中の
「工房からの風から50人の手仕事展」ですが、
前期終了しまして、
今日から後期が始まっています!→

暑い中、前期にお越しいただいた皆さま、
本当にありがとうございました。
初日のみ在店してきましたが、
お声をかけていただいたり、うれしかったです!
布を手にとってくださった方と、いろいろお話でき
充実の時間でした。
他の作家の方の作品も本当にすばらしく、魅力的な展覧会でした。

織りの作家さんも何人か在店されていて、制作や生活のお話も
聞けました。
お人柄や生活環境、考え方、これまでの越し方などがそれぞれの織り手のベースとなり、
布となって織り出されていて、作品=人なんだなぁって
改めて思ったりでした。

私にとっては、思い入れのある「工房からの風」ですが、
この展に、出品できたことに
心より感謝しております。

足もとをしっかり見つめなおし、
これからも制作に励んでいきたいと思います。

001

今日の空。

 

「工房からの風から50人の手仕事展」に向けて

展覧会

comments (0)

毎日、ほんとに暑いですね。

ここ最近の空の青さ!雲のもくもく感!
夏ならではの変化する青空、ずっと見上げていたいですね。
涼しいところから。
いよいよ来週8月13日から、日本橋三越での展示が始まります。

ようやくまとめ写真撮りをしましたので、
すこしご紹介!

こちらは、DMにものせてもらったものです。
たまご色のような、こむぎ色のような、
甘くやわらかな感じの色合い。
015

 

砂浜色。
022

こちらは、工房からの風への気負いから、
経糸をちょっと個性つよくしすぎてしてしまい、
緯糸との色の馴染み感やバランスに苦労しました。
仕上がってみると、なんとかまとまったかな。。。どうかな。。。
050

 

063

首もとのアクセントに
くるっと巻いてほしい小ぶりのネックウェアサイズ。
左から、
「縁日」、「ひまわり」、「無花果」。
036

 

しずかに需要があるので、
定番でつくり続けてる、がまぐちシリーズや名刺入れも
すこしだけ並びます。
一部、こんな感じです。(展示の時は、もっと並びます。)
074

右端が、名刺入れです。
ハードケースの名刺入れもいいですが、
布ものも、手になじむ感がなかなか良いです。
中に入れる紙が折れることはないので、心配いりません。

名刺入れについて、個人的な話。。。
兄は、私のつくるものには、だいたい批判的で
気のきいたお世辞が一切言えない、
いわゆる空気読めない?!タイプなのですが(笑、
そんな兄もわりと良いって、気にいって?つかってる。。。
そんな名刺入れです^^

 

工房からの風50人の手仕事展のサイトは、こちらです。→
少しづつ毎日更新されてるようです。
心魅かれる作品ばかりで、
当日、手にとって見せてもらえることが楽しみです。
初日、13日に在店します。

ぜひぜひお越しください。
どうぞよろしくお願いいたします。

1 41 42 43 44 45 46 47 52