糸染めのこと

日々・制作

comments (0)

やっと、あたたかくなったな~と思ったら
あたたかいを一気に通りこして、
ちょっと暑い。かも。。

寒い季節に
糸染めした糸を早く使いたい時は、
なかなか乾いてくれないので
まだかまだかと気がもめます。

昨日、糸を染めて干しました。
明日にならないと乾かないだろうし、
乾くまでに先にこの準備をしておいてーとか、段取りを考えてたのに
あっと言う間に(半日くらい)乾いてくれて
早く仕事すすめなさいって
逆にせかされた気分。笑

庭の剪定した梅の枝で染めました。
016

 

あたたかい日

日々・制作

comments (0)

今日は、朝から、からっと晴れました。
洗濯日和。

昨日はなんだか一日中、ねむくてねむくて。。。
おもいきって昨夜は早く寝たら、今朝は頭がすっきりしてて
仕事もはかどります。
むやみやたらにがんばる、
みたいなのをそろそろ変えていきたいです。

経糸・麻、緯糸・綿の布地を制作中。
奈良の箱本館さんで染めた藍色が深みがあって
とてもきれいです。
緑は、藍色のうえにえんじゅを重ね染めしました。

017

お知らせ/藍の芽

日々・制作

comments (0)

久しぶりの更新となってしまいました。

気持ちの良いひかり、おだやかな風、
身近な花々も草木も元気いっぱいです。

いつもは、星空を見ながら散歩する
散歩は夜派な私ですが、
こんな季節は早朝歩きが楽しそうです。

 

次の展示は、長野県松本市でのまつもとクラフトフェア
出展します。
今年は、5月30(土)・31(日)日に行われます。
全国から、陶芸、ガラス、木工、金属、染織、などなど多ジャンルの
クラフト作家が出展します。
松本の街歩きも楽しいですし、ぜひぜひあそびに来て下さい。

しばらく前に藍の種をまきました。
ようやく芽が出ました!

022
すくすく育ってね~~

 

3月も終わり

日々・制作

comments (0)

あたたかくて、日差しのここちいいこの頃です。

先日の五色の布は、織り上がりました。

006

 

あまり厚みがおもたい感じにならないように、
でもたよりないようなうすさやではなく。。。
打ち込み加減もある程度糸の質感が出るようにしたい。
ほどよいざっくり感だけどそれなりの密度。
ぺたっとしてなく質感のある布。
手織りならではの味はあるけどすっきりとしている。

そんなあいまいなイメージを持ちながら、
制作しました。

シンプルな経縞ですが、素材使い、織り加減と
じっくり向き合った時間となりました。

 

五色

日々・制作

comments (0)

今日は良いお天気。

でも来週は、また寒の戻りとラジオで聞いたので、
朝から豆汁作業。
鍋3杯分の麻糸と綿糸の精練後、
昨夜から水に浸けておいた大豆から豆汁をとり、
糸を浸してもみこんで、脱水かけて干しました。
糸をさばいて干してると、
ひかりが気持ちよく、滞りがちだった気持ちに風が通り、
なんともすがすがしい気分になりました。

花まつりの日のお茶会で、床の間にかざって下さるという
五色(ごしき)の布を制作しています。
029

染め色: 緑(かりやす・藍)、青(藍)、赤(茜)、黄(かりやす)

制作するにあたって、五色について調べてみると
なんとも奥の深い世界。

ざっくりとしか言えませんが(誤りがあればすみません。)、
五色とは、古代中国の陰陽五行説に由来してるものだそうです。
陰陽五行説とは、万物は「陰・陽」の二気、「木・火・土・金・水」の五行で成り立ち、
これら陰陽五行の要素で世の中は回っているという思想です。

方角を表す五方、季節を表す五季、内臓を表す五臓など、
自然界や人体など、あらゆるものが五行に配されているようです。

五臓のことは、冷え取りの本でよく出てきてたので
今回調べて行く中で、関連されてたことがわかって
五色が身近なものに思えました。
自然の摂理は内臓にもあてはまると思うと
やっぱり、人間も自然界も同じなのだなぁと思いました。

022

1 40 41 42 43 44 45 46 58