最近のあれこれ

日々・制作

comments (0)

夏にきれいな青空色の染まった藍、
花が咲いて、ゆらりゆらり風に吹かれていました。
最後まで目を楽しませてくれててます。
006
kunel(雑誌)の庭特集の記事で、
「野菜が口からいただく栄養ならば、
花は心=魂でいただくもの。
見て、触れて、嗅ぐことで、感性が養われ、元気を与えてくれるもの。」
という文章がありました。
花を上手に育てたり、庭の管理もろくにできてない私ですが、
もっと花を身近な生活に取り入れられたら、
豊かだなぁと思いました。
心の元気のためにも、花って必要な存在なのですね。。。

 

展覧会、近づいてきましたが、
秋色ストール、出来上がりつつあります。

023

 
この前に引き続き、読書の秋。
すっごくおすすめな本があります!!!
とっても感動しました!!!
ずっと読みたいと思いつつ、忘れてましたが、
図書館で偶然目にしてしまい、制作集中期間ですが、
一気読みしてしまいました。
020
人が自然を前にして、謙虚に耳を傾け、向き合い、
手をつなぎ合うことができたなら、
奇跡って起きるのですね。
この本に出会えて良かったです。

豆汁下地・イベントのお誘い

おすすめ

comments (0)

今日はすがすがしい良いお天気!
展覧会のワークショップ用の布を
下地処理しました。

天然染料は、たんぱく質に染まるのですが
綿にはたんぱく質が無いので、前もって
布地にたんぱく質をしみこませる作業をしておかないといけません。

下地処理には、化学的な薬品を使った濃色処理の方法があって
この方法をすると、草木染めにしては
濃く染められたりするのですが、
なるべく草木そのままの自然の色を染めたいと
いうのもあって昔からの方法の
大豆を使って下地処理をしました。

 

大豆を、一晩水に浸けておきます。
002

ミキサーにかけて、濾します。
003

ぎゅっとしぼると、豆汁(豆乳)とカス(おから)になります。
この出来た豆汁を使います。
(おからは、夕ご飯に使います。この無駄なく使える感、いいですよね!)
005

豆汁に精練しておいた布をよくもみこんで、
染み込ませます。
006

カラッと天日干し。
008
きれいな色に染まりますように!

 

シルク手袋は、下地処理しないでそのまま染めれるので
精練のみして、陰干し(室内干し)しました。
013
シルク手袋は、ウールほどぶ厚くなく、
今の時期、朝晩のひんやりした空気の中の外出に
ちょうどいいです。きもちいいやわらか素材です。
眠る時つけるのも良さそうです。

 

ワークショップ、ぜひぜひご参加くださいね!
枇杷の葉から生まれる色はどんな色なのか、
自然の色を布に染めるということ、
自分で染めた布を、自分で使ってみるということ、
五感であじわって、楽しんでもらえたらうれしいです。

草木染めは、台所しごとのひとつのようなものです。
一度、やり方を覚えれば、誰でもできます。
自分のために家族のために、ちょっとした日用品が染めれたらいいですよね。

021

ギャラリーテラでの展覧会 10月26日(日)―11月2日(日)→詳細は、コチラ

「草木染めワークショップの日 11月1日(土)」
枇杷の葉を2種類の媒染(ミョウバン・鉄)で染めましょう。
・シルク手袋、コットンガーゼマフラー、手拭から2種類選んでもらいます。
・カフェこのみのお菓子とコーヒー付
・参加費(材料費込み)1500円∼ 要予約5名

 

食事会の方も、ぜひぜひご参加お待ちしてます。
おくどさんで炊く越畑産の新米は、とびきりおいしいです!
「篠原ともみさんの器でいただくごはん 10月29日(水) 12:00-14:00 」
カフェこのみ おくどさんで炊く越畑の新米ランチ
(ごはんお代わり自由・デザート コーヒー付)
・参加費1000円 要予約20名

ご予約・お問い合わせは、ギャラリーテラへお電話、FAX、メールにてお願いします。
TEL&FAX 075-204-8122(テラ)
携帯 090-5655-4568 (店主小林さんの携帯)
Email ari@terra2010.com
ギャラリーテラHP→

 

 

がま口の修理

日々・制作

comments (0)

先日、がま口小物入れをお使いの方から
口金から本体が取れてしまったそうで、修理のお問い合わせを
いただきました。
がま口を作り始めた頃から自分で使ってるものは
まだ取れたことがないのですが、
接触の悪さで取れてしまうことがあるようです。
もし、取れてしまった方がいらっしゃいましたら、
修理させてもらいますので、すみませんがご連絡ください。
CONTACTのページからお願いします。

他にも、ストールや他の小物でも、お使いいただくうちに
何かお困りごと(糸のひっかけ、しみができた、色落ちなど)がでてきましたら、
お気軽にご相談ください。
安心して永く使っていただけるようにしていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

10月の展覧会のお知らせ・良い一日

行ってきました

comments (0)

お知らせのページに、10月の展覧会の詳細について、
アップしましたので、ぜひご覧ください!!!

京都の嵯峨清滝のギャラリーテラさんで、
10月26日(水)から始まるグループ展です。

テラさんは、豊かな自然に囲まれた
おくどさんと薪ストーブのある素敵な京町家ギャラリーです。

ご一緒する作家さんは、
寺田知司さん(染織)、篠原ともみさん(陶芸)、辻中育子さん(写真)、
カフェこのみさん(お米、イベント限定ランチ)です。

「篠原ともみさんの器でいただく カフェこのみさんのおくどさんで炊く新米ランチ」や
「枇杷の葉で染める 草木染めワークショップ」のイベントもありますので、
ぜひぜひご参加ください。

よろしくお願いいたします。

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

昨日は、出掛けてきました。

10月に展示する清滝のギャラリーテラさんで開催中の、
かつみゆきおさんの「木の仕事と山の写真展」の
ギャラリートーク「木と山と人を語る」に行って来ました。

木の仕事キャリア60年の大ベテランのかつみさんは、
20代~30代は登山にのめり込み、カラコルム未踏峰の山々に遠征を
繰り返したそうです。

やりたくないことはやらない、やりたいことだけやってきた、と言う
かつみさんの言葉はわかりやすくシンプルですが、経験とゆるぎない真があってこその
深みと広がりがありました。
貴重なお話聞かせてもらいました。

9月27日(土)にもかつみさんのギャラリートークがありますので、
ご興味ある方はぜひぜひです。(清滝テラさん→HP

 

 

その後、ハイアットリージェンシー京都内にあるセレクトショップ京での
友人も出品している「オトメノイノリ」展を見てきました。

ひとりひとりの作家さんの丁寧にこまやかに制作に向かう世界観が
感じられ、ゆっくりと楽しく見させてもらいました。

会期は9月29日(月)までです。
ハイアットリージェンシー京都は、三十三間堂のお隣の高級感あるホテルです。
エントランスを入ると良い香りに包まれて、セレブ感あります。
セレクトショップ京も展覧会もとても素敵でしたので、ぜひぜひ足をお運びくださいね。

ハイアットリージェンシーを出ると、夕陽がにじんでて、
空がとてもきれい、気もちいい夕方。
駅まで、散歩がてら歩きました。
良い一日でした○

003

002

 

 

炊いたん

日々・制作

comments (0)

今日、ラジオを聴いてたら方言ネタがちょっと気になりました。
(関西)   (標準語)
・炊いたん → 煮物
・しゅむ  → しみる

そう言えば、関西にきたばかりの頃、
まわりの人たちがつかう、「炊く」にとても違和感があったのを思い出しました。
関西にくるまでは、炊くは、ごはんを炊くぐらいしか使いませんでしたが、
関西の人は、煮る全般に炊くをつかうようです。
糸を炊く、大根を炊く、など。。。
京都にきてはや8年、、、今ではすっかり聞き慣れました。
ちなみに、今日の夕ご飯は、冬瓜と鶏肉の炊いたん!でしたー。
(新潟風に言えば、ゆうごと鶏肉の煮物。)

「しゅむ」は、歯医者さんで、時々耳にします。
「ちょっとしゅむかもしれませんが、、、」みたいな
使い方です。
しゅむってなんか響きが、かわいいですね。
あまり使う場面がないので、まだしゅむを使いこなせてません。。。

 
ブログ用に撮った写真があったのですが、取りこんでみたら、
だめだめでしたので、前撮って、のせそびれてた写真より。

030
ちょっと前に、オーダーで制作したテーブルランナー。
ご希望で、房付きです。
端の仕上げは、折り込んで縫って仕上げることが多かったのですが
房にするのもなかなか良いかもしれません。

 

1 34 35 36 37 38 39 40 46