6月の染め

日々・制作, 野草

comments (0)

今年に入ってから、草の水分について考えるようになりました。
晴れ続きの日の草よりも、雨上がりの日の草の方がみずみずしいのではないか。

と思うと、草がぐんぐんとのび、梅雨でしっかり水分を吸った今の季節は
まさに染めシーズン。
あれもこれも身近な草を染めてみたいと思いながら、まずは定番の草から染めてみました。

イタドリ、鉄媒染。
75FFF54D-C314-437C-8AE1-19246ACE6109

よもぎ、ミョウバン媒染、鉄媒染。
A21880B2-9117-4DCF-9767-BF0C6BFF44F0

昨年、夏の終わりによもぎのミョウバン媒染で染めた時、
結構茶味がかってる気がしてました。
去年の染め糸と比べてみると、やはり今回染めた糸より茶味がかっていました。
左2カセが今回染めたもの。右2カセが昨年晩夏の染め。
01C75706-6838-4EAC-BD6C-880D7B5145CE
採集の季節で染め色が違うことは
染めの本を通して知識として知っていたことではありますが
こうして比べられて実感できたことがうれしいです。
もちろん、色の優劣の問題ではなく、私にとってはどちらもが大切ないとおしいよもぎの色。
その時々で染まった色を活かせるように織りたいです。

染め、織り、展示の日々は忙しく
時間をつくって染めるのが精いっぱいで(何年もやってるのにお恥ずかしながらですが)、
前まではあまり気にできていませんでしたが、
草が活き活きとしている時に染める、
あらためて気づけたことが収穫でした。
とは言え、良い環境、良い状況を求めすぎるのも違うかな。。。と思うので
良い塩梅で自然に無理なくやっていこうと思います。

玉ねぎの皮染め

日々・制作

comments (0)

ためた玉ねぎの皮で染めた色。
綿と麻です。
しっかりとした良い色が染まりました。
7290BAB6-E6E1-44EB-A52B-2217B1AEBCA6

早速、玉ねぎの皮の色を使って
小物用の生地を織りました。
DC4B42E9-7C6A-4829-BFD6-69ECAA81D186

朝、陽が昇るとかわいらしく花ひらきます。
夕方になると、おしごと終了といわんばかりにしぼみます。
550AD92D-CCB8-44CA-9961-111235C73EFF

少し前ですが、朝、庭を見ると、
植木鉢のビオラがごっそりなくなって下の方にちびちびとした茎だけになっていました。
他のお花も荒らされていたり、
周辺の伸びてきていた草の先っぽもなくなっていました。
足跡やふんから推測すると、鹿に食べられたようです。。。(泣)
藍はまだ小さかったので大丈夫でした。

近所の方に聞いてみると、鹿は新芽のやわらかいのが大好きで食べにくるそうです。
育った古いものはもう食べないそうです。
確かに私も春は野草のやわらかい新芽をたくさん採っていただいたので
鹿も一緒なのかと思いました。
でも、藍が食べられてしまっては
今年の糸染めができなくなってしまうので鹿対策!
庭の一角の藍の花壇をぐるりとネットで囲みました。

それ以来は鹿の被害は大丈夫だったのですが
今度はようやく15~20センチ位に育ってきた藍の苗がぽきっと折れています。
はじめは気のせいかと思いましたが何度も折れているので
調べてみるとやはりネキリ虫の仕業のようです。。。(泣)
今日はネットで調べた方法を試すべく、
土の中をわりばしで浅く掘って探して眠っているネキリ虫(夜行性)をできる限り除去作業。
その後、ネキリ虫に食べられないように、
藍の茎の下の方を一本ずつアルミホイルでくるみました。
毎朝、どきどきしながら庭を確認しています。
どうか無事にすくすく育ってくれますように。。。

藍の種は10年近く種を採りながら育てていますが
こんな事態は、はじめてです。
その土地によって育ち方も育つ状況も違うものだなと
気付かされました。
いつもプランター栽培でしたが
今年はお庭がある家に引っ越せたので
藍の花壇を作って収穫量を増やせたらと思っていましたが
そうそううまくはいかないようです。
と同時に、
作物を育てる農家の方のご苦労もあらためて感じました。
作物を無事に収穫まで育て上げることは奇跡のように
すごいことに思えました。
今まで以上に、日々、感謝していただきたいです。

ごっそり食べられたビオラですが
あきらめずに毎日水やりをしていると
茎から新芽が元気に出始めました。
植物の生命力も本当にすごいですね。

最近のお庭の出来事でした。

若草色

日々・制作

comments (0)

若草色シリーズ!

若草色と桃色
E2CDF230-A5F8-4EC0-BD77-DB4AF567DCB3

6EA3A52C-9708-401E-A662-C4AB8EAF66E6

若草色と菫(すみれ)色
B0231E28-35DF-49E2-904A-BFF69D84D8F9

F313D291-C820-4200-B5A6-49224E748FD6

今後の展示の予定ですが
10月に東京でグループ展の予定があります。
(*今後のコロナの状況によっては延期、中止になる可能性もあります。)
秋からになりそうですが、オンライン上の企画展の予定もあります。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

お豆の季節!
豆ごはんしたり、シュウマイにのっけたり。甘くておいしいです。
えんどう豆、さやえんどう、そら豆、産直市場に並んでいると買ってしまいます♪
5FA9B8D8-B9B5-4BDB-8DB4-7AD809DB6BE3

3441E7C7-1DD2-432B-A2B2-317857EDFCE6

新緑の季節

日々・制作

comments (0)

ようやく織り上がりました。
使った色は、よもぎ、スズメノエンドウ、コチニ―ル。
85AC37AF-7C4D-4776-89BE-BD3E37F8D1D6

コチニ―ル、濃淡染め。
6C311AB4-F59A-443A-8F29-66FA11FDF1A3

息を吹きかえしたようにうつくしい新緑の山々。
これからますます緑濃くなっていきますね。
家の前の木々や竹林からは
風に吹かれてさわさわ、ざわざわとゆれる音が聞こえます。ここちいい音です。
C2243377-0CDD-462B-A3F5-AA6D2FB2E931

カラスノエンドウとスズメノエンドウ

日々・制作, 未分類, 野草

comments (0)

カラスノエンドウとスズメノエンドウを染め比べしてみました!

6DD7E344-5377-4DEF-914B-7C5ECA4408FC
左1カセがカラスのエンドウ。右3カセがスズメノエンドウです。
カラスノエンドウは黄色系。スズメノエンドウは黄緑っぽく染まりました。
媒染はミョウバンです。

カラスノエンドウ
5B049C05-8F75-419F-9BEF-C7BA1C599B6E

スズメノエンドウ
B162E3F1-0D4E-4FAA-82C8-81C369E7B04F
小さな花もくるくるした先っぽもかわいらしいです。
花の後は小さなさやをつけます。

新芽は料理していただいた野草ですが
糸染めにも使わせてもらいました。
衣食住を野草とともに暮らす、
生活していく上でのテーマにしていきたいと思います。

最近何度か作っているキンパ。
なかなか上手に作れませんが
ようやくのり巻きのコツをつかみはじめています。
7EB45B2F-600E-4E68-BF06-2C18CE747835

酒粕クラッカー。
お茶でひとやすみ。
2251C3D6-52CD-4548-9FC0-E04ACEE1B312

1 2 3 4 5 66