展覧会3日目です

展覧会

comments (0)

家から清滝のギャラリーテラさんへは、
阪急嵐山駅からバスに乗ります。
バスのルートは、
まさに京都らしい風景の渡月橋を渡り、
おみやげ屋さん通り・天竜寺を通り過ぎ、
大覚寺経由で、清滝に向かいます。
ちょっとした観光気分で、テラさん通いしてます。

085

 

作品について、なかなかのせれませんでしたが、
すこしご紹介。

ブックカバーを作りました。
糸を撚って作ったしおりのひも、気にいってます。
014

久しぶりに、くるみボタンをたくさん作りました。
077

ぽかぽかな布。
049

秋の日差しにしっくりなシックチェック。
029

033

展覧会はじまりまりました!

展覧会

comments (0)

清滝ギャラリーテラさんでの展覧会、はじまりました!
11月2日(日)までです!

染織修行時代を過ごした嵯峨越畑で出会った作家さんたちとの
展覧会です。
かれこれ8年前、京都に引っ越し暮らしはじめ、
一番最初に出会った皆さんです。

「小さな里からつづく日々」というタイトル通り、
工房から独立してからの今までは、
一歩一歩ゆっくりと道をさがしながら
すすんできた日々だったなぁと
思います。

展示風景。
あまりきれいな写真撮れてないので、
くわしくは、また今度。
083

117

131

会期中は、毎日在廊します。
オープンの11時から行けない日もあるのですが、
13時以降にはギャラリーに行ってます。

一週間、楽しみます!

 

清滝ギャラリーテラさんでのイベント

展覧会

comments (0)

いよいよ今週末から、展示が始まりまります。
いつもながら、追い込み作業であせあせやってます。

11月1日の草木染めワークショップですが、
定員に達しましたので、募集を締め切らせていただきます。
お申込みいただいた皆さま、本当にありがとうございます。
当日、お会いできること、楽しみにしております。
(先日、ブログにのせた下地の豆汁作業の写真を見た友人に
お豆腐作ってるのかと思ったって言われました・笑)
 

10月29日のおくどさんごはんの会の方は、まだお席がありますので
ぜひぜひご参加お待ちしてます!
もう新米いただきましたか?
私は新潟の山間のおいしいお米を食べて育ちましたが、
越畑のお米もとってもおいしい!と自信を持って言えます!
この季節ならではの、おいしいものを食べながら
秋のひととき、楽しみましょう。
このランチのために制作して下さっている
篠原ともみさんの器もとても素敵です!!

「篠原ともみさんの器でいただくごはん 10月29日(水) 12:00-14:00 」
カフェこのみ おくどさんで炊く越畑の新米ランチ
(ごはんお代わり自由・デザート コーヒー付)
・参加費1000円 要予約20名

ご予約・お問い合わせは、ギャラリーテラへお電話、FAX、メールにてお願いします。
TEL&FAX 075-204-8122(テラ)
携帯 090-5655-4568 (店主小林さんの携帯)
Email ari@terra2010.com
ギャラリーテラHP→

ありがとうございました

展覧会

comments (0)

先日、日本橋三越での「工房からの風から50人の手仕事展」、
後期も終了しました。

前期後期通して、多くの方に足をお運びいただき
盛況だったとのこと、
本当にありがとうございました!

三越展のブログの、最後の「感謝の風」、
よろしければぜひお読みください→☆

工房からの風は、
作り手の背中をおしてもらえる風だったり、
あたたかな気持に包まれた風だったり、
人と人をつなげてくれる風だったり、、、

三越展に出展でき、改めて工房からの風の深みを
感じました。
今年の工房からの風についても、
ぜひチェックよろしくお願いいたします→

 

三越展が終わり、夏も終わりか。。。
そんな気持ちになりますが、
気持ち切りかえ、秋へ向かいます。

秋の展示は、10月末に京都にてグループ展をします。
ここのところ、企画展参加がほとんどだったのですが
この秋は、一緒に展示する皆さんやギャラリーさんと企画から練っております。
展示とともに、楽しいイベントも考えてます!
どうぞお楽しみに!!!

 

 

前期、終了しました

展覧会

comments (0)

日本橋三越にて開催中の
「工房からの風から50人の手仕事展」ですが、
前期終了しまして、
今日から後期が始まっています!→

暑い中、前期にお越しいただいた皆さま、
本当にありがとうございました。
初日のみ在店してきましたが、
お声をかけていただいたり、うれしかったです!
布を手にとってくださった方と、いろいろお話でき
充実の時間でした。
他の作家の方の作品も本当にすばらしく、魅力的な展覧会でした。

織りの作家さんも何人か在店されていて、制作や生活のお話も
聞けました。
お人柄や生活環境、考え方、これまでの越し方などがそれぞれの織り手のベースとなり、
布となって織り出されていて、作品=人なんだなぁって
改めて思ったりでした。

私にとっては、思い入れのある「工房からの風」ですが、
この展に、出品できたことに
心より感謝しております。

足もとをしっかり見つめなおし、
これからも制作に励んでいきたいと思います。

001

今日の空。

 

1 14 15 16 17 18 19 20