藍色

日々・制作

comments (0)

各地の大雪被害、大丈夫でしたでしょうか。。。

昨年の藍色色展でお世話になった奈良の箱本館さんに
先日、藍染めに行ってきました。
藍染めの資料館と体験工房の施設ですが、
持ち込みの染めもOKです。

010

005

藍の状態によって、濃く染められたり淡いめに
染められたりするそうです。
あまり濃くならない水色くらいが染めたかったのですが、
この日の藍は、元気が良い?!らしく
きれいな青が染まりました。

 

012
かわいい暖簾がさがってました!

022

染めた糸を持ち帰って、
色が出なくなるまで洗って、ぎゅっとしぼったところ。

藍の糸染めは、初めてでした。
手間暇かけて建てられた藍の色は、
本当に深みがあってきれいです。

青に黄色をかけて緑にしたり、
そのままの青でつかいたかったり、他の混色もしてみたかったり。
色のひきだしが、ぐんと増えたようでうれしいです。

また違った濃さの藍を染めに行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

明日からです!

日々・制作

comments (0)

明日から、
新潟のギャラリーmu・anでの
カタカタトントン展
始まります!

あったかウールシルクストールや
春に向かって巻いてもらえそうなシルクストール、
ぜひぜひお手に取って見ていただけたら、うれしいです。

雪と空と森
042

047

小物もいろいろ並びます。

名刺入れ。
絹糸でしっかり織った布地。手になじみます。
068

がまぐち小物入れ。
経糸・麻、緯糸・綿。綿ならではの、素朴なふっくら感。

088

ポットマット。
こちらも綿・麻です。日々のお茶の時間にどうぞー。
097

 

展覧会の詳細は、NEWSページをぜひぜひご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

二月の展示

日々・制作

comments (0)

一月も後半になってしまいました。

今年前半の展示の予定も無事に決まり、
準備、すすめてます。

二月は新潟で展示があります。
グループ展に参加します。

「カタカタトントン展」

会期:2014年2月1日(土)-23日(日) 10:00~17:00
※火, 水, 木曜日は休廊

場所:ギャラリーmu・an
新潟県長岡市呉服町2-1-5

大護慎太郎(腕時計)
大桃沙織(真鍮アクセサリー)
佐藤亜紀(染織ストール)
ヤオイタカスミ(リネンの服)
斎藤伸絵(ウールのマフラー, バック)

一緒に展示させてもらう作家さん(大学の同期もいますが)は、
とてもステキな作品を制作しています!
見応えある展示になるかと思います。
新潟にお住まいの皆さん、ぜひぜひ見にいらしてください。
どうぞよろしくお願いいたしします。

カタカタトントン、
の響き、気にいってます。

::::::::::::

お正月に新潟に帰った時に、
友人の家の近くの絶景に連れていってもらいました。
007
写真で見ると、もひとつですけど、
山々が広々と見渡せました。
ひんやりとした澄みきった空気の中、
雪・森・雲・空のグラデーションが
すごくきれいでした。
雪の下には、段々田んぼが広がってます。
009
これから、もくもくと雪が深くなっていく季節。

こんなイメージの布が織れたら。。。
そう思わずには、いられません。。。(笑)

009

また近々アップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年

日々・制作

comments (0)

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

良い一年が過ごせますように。

今年は、もっともっとたくさんの布を織って
チカラをつけていきたいと思います。一歩一歩です。

お正月は新潟の実家に帰ってました。
今年は、まだ雪も少なめでした。
関西で過ごしてると、忘れてますが、
雪国の冬は、通常どんよりくもりがちです。
晴れの日がとても貴重です。

くもり空に浮かびあがるカタチ。
010

こんなもようの更紗があったらステキですね。

011

 

021
母からもらってきた植物。水栽培で育ったら、植えかえます。
成長が楽しみです。

 

来年へ

日々・制作

comments (0)

明日で、今年も終わりですねー。

今年は今までで一番、展示できる機会の多い年でした。
(一年中幾つもの展示を抱えてらっしゃる作家さんからしたら、
私なんてとても少ないのですが。)
いつも展示前は、やっとやっと発送になんとか間に合わせる状態で、
ひとつ山を越えるともうまた次の山へ、
いつも大丈夫なのかなってどきどきが止まらない。。。
ようやく山々を越えてきた、そんな一年。
大きな喜びも、つまづきも、落ち込みも、ふかい悲しみも、
じんわりとしみる嬉しさも、気持ちの起伏の詰まった年。

そんなぐるぐるな状況だったので、
もうすこし頭のなかを整理して、深く深呼吸。
風通し良く、心地よく、わくわくとした気持で過ごし、制作したい。
その状況をつくるのも、自分。

さあ来年!

お世話になった皆さま、おおきな励みをいただいた皆さま、
本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

 

015

 

 

1 21 22 23 24 25