黄色

日々・制作

comments (0)

最近、くもりがちな日が続いています。

でも、一日の中で時々部屋に陽がさしこむと
黄色の糸がきらっきらしてます。
色がふわっとただよう感じ。
黄色に元気もらってます。

001

002

013

 

緯糸。
つややかなのが絹で、マットな感じが綿。

017

年の瀬

日々・制作

comments (0)

最近の制作は、
以前から頼んでいただいていて、やっと取りかかれた
お部屋の間仕切り。(のれん仕立て。)
ずいぶん久しぶりのねじり千鳥がけは、
縫い方覚えてるか心配でした。
過去のノートを見ながら
無事に仕立てられ、ひとまずほっとしたところ。
(全体は、また今度アップします。)
019

:::::::::::::::::::::::

 

今年もあとわずかとなりました。
ふり返り。

今年は、制作スタイルが変わったとか環境が変わったとか
そういった特に目に見える変化はないけど、

なにかざわざわと内側から変化の芽が
すっくと出てきて伸びたがってる。。。
昨年の自分と比べたら、目の前のことを
すこし違った方向から見れている。気がする。

この変化は、きっとここ2,3年の人との出会いや日々の出来事の中で
すこしづつ芽生えてきました。

2年前から始めた冷えとりのおかげもあります。
冷えとりを続けてると、体質改善や気持ちの安定とともに
意識が自然界の方へ向いていくので不思議です。

こころとからだと自然界は、つながっていて、
そのなかで、私はどうしていきたいのか、
自分ならではの何かわくわくするようなことに取り組みたい、
ふつふつとした気持ちがふくらみます。
まだまだカタチはぼんやりだけど。

来年は、めいっぱい手を動かし、
行動したい。

そういえば、今年の春先の片づけ祭りで
引き出しの奥底からすっかり忘れてた宝物を
発見しました!
個人的なものだけど、とても気にいってるので
のせます。年末なので・笑
なんで手もとにあるのか、あやふやだけど
大学の時の学祭だったかのイベントの景品でもらったんだっけなぁ?!
学長の描いた絵や字を缶バッジにしたもの!!
004

私の大学の学長は、
ことあるごとによく言っておられました。

「夢は絶対にかないます!!夢は持ち続けてください!!」

熱く、まっすぐで、心がひらけている素敵な方でした。

この缶バッジを久しぶりに見つけ、
学長の名言は、今も私の中に刷りこまれているなぁと思いました。
これからも、そう思い続けてすすんでいきます。

いつもブログをのぞいて下さる方、
お付き合いいただき、
本当にありがとうございます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

冷え込みもきびしくなりますが、
どうぞあたたかくしてお過ごしください。

 

009
年の瀬の朝日!

 

明日は、電車で雪国に帰省します。
(青春18切符の旅!楽しみます。)

 

初雪

日々・制作

comments (0)

こちらも、初雪が降りました。

002

006
今年もあと2週間。
これが織り終わったら、あともう一本、
機にかけたい。
寒いけど、がんばろう。
016

ここちいい秋の一日

日々・制作

comments (0)

紅葉を満喫してきました。

039

044

045

047

 

京都という土地柄もあって、春・秋の良い季節になると
各地から、誰かしらあそびに来てくれるおかげで
普段はわざわざしないような京都観光します。

観光地の美しい紅葉、
街中ではらはらと風に舞う赤や黄色の葉っぱ、
小道に広がる落ち葉のじゅうたん、
あちこちで見かける赤い実・青い実、
植物好きの友人と植物観察しながらの街歩き。
心の中にぎゅっとしたものがたくさんたまるような
楽しい一日でした。

最近のあれこれ

日々・制作

comments (0)

夏にきれいな青空色の染まった藍、
花が咲いて、ゆらりゆらり風に吹かれていました。
最後まで目を楽しませてくれててます。
006
kunel(雑誌)の庭特集の記事で、
「野菜が口からいただく栄養ならば、
花は心=魂でいただくもの。
見て、触れて、嗅ぐことで、感性が養われ、元気を与えてくれるもの。」
という文章がありました。
花を上手に育てたり、庭の管理もろくにできてない私ですが、
もっと花を身近な生活に取り入れられたら、
豊かだなぁと思いました。
心の元気のためにも、花って必要な存在なのですね。。。

 

展覧会、近づいてきましたが、
秋色ストール、出来上がりつつあります。

023

 
この前に引き続き、読書の秋。
すっごくおすすめな本があります!!!
とっても感動しました!!!
ずっと読みたいと思いつつ、忘れてましたが、
図書館で偶然目にしてしまい、制作集中期間ですが、
一気読みしてしまいました。
020
人が自然を前にして、謙虚に耳を傾け、向き合い、
手をつなぎ合うことができたなら、
奇跡って起きるのですね。
この本に出会えて良かったです。

1 18 19 20 21 22 23 24 26